IVEX Managed Thin Client

■ IVEX Managed Thin Client とは

IVEX Managed Thin Client Appliance(IMTC)は、「端末側のメモリやHDDに一切OSを残さない理想的なシンクライアント環境」の実現をコンセプトに、アイベクス株式会社が開発したシンクライアント構築アプライアンスです。
※USBタイプもあります。詳細はお問合せください。

■ 物理環境とシンクライアント環境の課題

物理環境の課題であるセキュリティの低さを解決するために、シンクライアントを導入する企業が増えています。ところが、実際に導入してみるとさまざまな問題に頭を悩ませることがあります。

■ 高速起動を実現するシンクライアント専用超小型OS

1.低い導入コスト
専用端末の購入不要、特定ボタンを押して起動すると物理環境(FATクライアント)としても利用可能
2.高速でOS起動
ファイルサイズは、一般的なOSの約1/20。HDD起動と比べても高速な起動を実現
3.高いOSメンテナンス性
パッチ適用など、クライアントOSをIMTC側で一元管理できる高いメンテナンス性を実現
最短18秒でOSログインを実現!
低スペックPCでも高速起動が可能!

■ 効率的な一元管理を可能にする充実の管理機能

IMTCの管理機能は、専用超小型OSの配布以外にも、セキュリティ機能、運用管理機能など、システム管理者のシンクライアント・システム運用を支援する様々な機能を搭載しています。

1.高いネットワーク・セキュリティ
IMTC標準認証機能により、利用可能な端末を制限することが可能です。通信が許可されている端末以外からアクセスがあった場合、IMTCが通信を遮断します。
不正に持ち込まれた端末や、悪意を持ってネットワークに進入した端末からの攻撃から、システムを守ります。
2.高い運用効率(統合管理機能・バッグアップリストア機能)
設定情報や、アクセス参加権限を管理端末で一元管理することが出来ます。 IMTC統合アプライアンスが配下のIMTCアプライアンスを統合管理します。設定情報やアクセス参加権限を一元管理できますので、運用効率が向上します。
また、設定情報のバックアップ/リストア機能により、障害時でも短時間で復旧が可能です。

■ 無線LAN対応!

IMTCは無線LAN対応版もご用意しております。追加のLAN工事無しで様々な場所に設置してご利用頂けます。


■ 高い拡張性

IMTCは、ICカードを使ったスマートログインへの対応や、大規模シンクライアント・システムの運用をサポートする統合管理版IMTCなど、高い拡張性によりシンクライアント導入にともなうシステム管理者の悩みを一気に解決します。

1.規模拡張が容易
IMTCは、規模の拡張が容易に行えることも特長のひとつです。IMTCをネットワーク上に設置するだけで、簡単に端末の増設が可能です。拡張性に優れているだけでなく、拡張工数も大幅に削減することができます。
2.豊富な連携ソリューション

dnPKI対応ICカードを使ったスマートログイン等、各種機器と連携を手軽に実現。

また、IVEX Logger Series と連動させることにより、ユーザごとの詳細操作情報の記録が可能。


■ ハードウェア仕様

筐体サイズ W:81×D:133×H:31.8mm
設置基準 スイッチやHUBと同様(島単位の設置も容易)
システム システムはCFメモリー、ファンレスで故障知らずです。
ネットワーク ギガLAN 2ポート標準搭載

※ 対応アプリケーション:Windows Remote Desktop Services、Citrix XenApp、Citrix XenDesktop

 


■ ネットワーク構成

シンクライアント化したいPC端末のあるネットワークに、IMTCを配置するだけで、同一ネットワーク内にあるPC端末をハードディスク書込不可のシンクライアント端末としてご利用いただけるようになります。


株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNa)は、2008年4月、ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」サイト健全化策の一貫として、新潟市内にサイトパトロール専用施設「新潟カスタマーサービス(CS)センター」を開設した。
新潟CSセンターのシステム環境構築にあたっては、複数のシンクライアントソリューションを評価し、最終的にアイベクスの「IVEX Management Thin Client(IMTC)」の導入を決定。新潟CSセンターにおける情報漏洩対策とPC管理工数削減を実現した。


■ 導入背景

DeNAの運営する「モバゲータウン」では、10代の利用者も多いため、サイト開設当初から健全化に対する取り組みが積極的に行われてきた。システム側の自動判定機能だけでは判断の難しいルール違反の書き込みや投稿画像などを、専門スタッフが目視でチェックするサイトパトロールもそのうちの一つで、東京にあるサイトパトロール施設(東京CSセンター)では、専門スタッフが24時間365日体制でパトロールを行っている。

開設当初こそ、作業スペースに余裕のあった東京CSセンターだが、「モバゲータウン」利用者の急激な増加(2009年2末月現在会員数:1,294万人)に伴い、敷地面積に限りのある東京CSセンターだけでは、今後のスタッフ増員に必要な作業スペースを確保できなくなってきたため、新たに別のCSセンター開設の検討を進めていた。それが、敷地面積200坪の新潟CSセンターである。

■ 2ヶ月後のサービスイン

株式会社ディー・エヌ・エー
ポータル・コマース事業部
システム部 情報システムグループ グループリーダー
山田 好明 様

DeNAが新潟CSセンターの開設を発表したのは、2008年2月18日。この時の状況について情報システムグループ グループリーダーの山田 好明氏(以下、山田氏)は「以前から新しいCSセンター開設の話はでていたが、具体的な開設日が4月14日だと知ったのは、発表の少し前。発表時点では、サイトパトロールのサービスインまで2ヶ月を切っており、開設前にトレーニングなどを考えるともっと前にサイトパトロールシステムを稼働させないといけない状況だった。」まずは、基本となるハードウェアの検討し、情報漏洩対策やOSパッチ適用など端末管理工数を削減したいという考えから、シンクライアント・システムを採用することした。そして実際にシンクライアント専用端末を含むいくつかのソリューションを評価したのだが、導入がスムーズにいかないこともあった。そうした中、シンクライアントソリューションベンダーのアイベクスから提案を受けたのが、アプライアンス型シンクライアントの「IVEX Managed Thin Client」であった。


■ アプライアンス型シンクライアント

IMTCは、ネットワーク内にIMTCのアプライアンス本体を配置するだけで、ネットワーク内のPC端末をシンクライアントにすることができるシンクライアント環境構築製品である。IMTCによってシンクライアント化された端末は、起動時にネットワーク経由で専用小型OSを自動的にダウンロードし、リモートデスクトップ経由でWindowsを利用する。

IMTCの導入について山田氏は、「採用を決定し、実際に本番導入する段階でも全く苦労しなかった。端末側のセットアップは、本社にあった古いリース切れ端末のHDDを抜いて新潟に送るだけで、直接行かなくても東京で作業をすることができ、作業の効率化が図れました。また、コスト面でも想定していた金額の半分程度で導入ができ大変満足している。当社のかかげる「リサイクル・リユースを通じて循環型社会の形成に貢献すること」という企業ミッションに合致する点も他にはない特徴だ。」と語った。


■ 今後について

今回の新潟CSセンターへのIMTC導入により、初のシンクライアント・システム導入となった同社だが、利用するスタッフの反応は良好だという。「古い端末を使っているのに起動が早く、操作も快適。
端末側の電源を切っても、もう一度スイッチを入れれば、すぐに直前まで作業をしていた画面が表示されるので、昼食時などで離席する際もこまめに電源を切る運用が徹底されるようになった。」(山田氏)
DeNAでは、今後、IMTCを使ったシンクライアント・システムを新潟CSセンターだけでなく、本社のCS部隊やその他の部門に展開を検討しているという。

■ 企業概要

株式会社ディー・エヌ・エー (2009年2末月現在)

本社 東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿MIDWESTビル
設立 1999年3月4日
資本金 43億2887万円
代表取締役社長

南場 智子

URL http://www.dena.jp/
事業概要 モバイルポータル
eコマース
ネット広告代理事業
国際事業
新規事業