基幹業務システムに留めず、
顧客満足度を向上させるシステムへ

株式会社シンクスコーポレーション

業種 非鉄金属切断、切削加工販売業
主要品目 アルミ板/A5052P、アルハイス
A5083P、A2017P、A7075P
アルミ丸棒/A5056B、A2017B、PF20
SUS板/SUS304、SUS304焼鈍材、
SUS303、SUS303焼鈍材
伸銅板/タフピッチ銅、無酸素銅、黄銅、クローム銅
会社設立 1997年4月
本社 神奈川県愛甲郡愛川町中津桜台4057-2
関西営業所 大阪府大阪市中央区北浜4-7-28
住友ビルディング2号館7階
資本金 8,837.5万円(2018年4月現在)
従業員数 343名(2018年4月現在)
HP http://www.shinx-corp.co.jp

ユーザーレポート

創業当初より、PowerSteelをご利用頂いている
シンクスコーポレーション専務取締役・石坂敬様、管理部管理課長・早川匠様より
システムの導入から現在に至るまでのお話しをお伺いいたしましたので、レポート形式でご紹介いたします。

シンクスコーポレーション…以降 「シ」、 日本ナレッジレポーター…以下「 日」

日… 創業当初より、PowerSteelをご利用頂き、大変ありがとうございます。ずっと気になっていたのですが、なぜ創業当初より、システム導入を考えておられたのでしょうか。

シ… 会社設立にあたり、業務の根幹となる販売管理部分はシステム化すべきところである事を当時から認識していた為です。高品質な商品をより早くユーザーに届ける為には、事務作業をスピーディーに行い、工場業務を行う者に正確に伝える事が問われますから。

日… 驚きました。会社設立にあたり、普通は初期投入費用を抑えられる会社が多く、システム導入は後回しになるケースが多いのですが…確かに御社の営業ポリシーにもSPEEDYがポイントの1つとされてらっしゃいますね。そういえばPowerSteelの存在はどこでお知りになりましたか?

シ… 確か、当時の新聞広告で知りました。鋼材業界向けのシステムといえば、当時はオフコンのオーダー開発の時代の中で、パソコンの鋼材卸業向けパッケージが出たという事で、これだ!と思いました。また実際にシステムを拝見した際に、こんなに色んな情報が得られるんだと驚きました。考えでしょうか。

シ… 色んな他社のパッケージを見ましたが、次期システムもPowerSteelをベースとして構築しようと思ってます。

日… ありがとうございます!今後とも弊社のPowerSteel宜しく御願い致します!

シンクスコーポレーション
専務取締役/石坂 敬 様

日… なるほど! 確かにパッケージだったら導入コストを抑えられ、システム稼働までの時間が短縮されるからですね。

シ… 当時はまだ会社も設立準備中だった為、システム導入の打合せによく喫茶店を使ってました。懐かしいですね。特に弊社は非鉄金属の切断や切削加工が主体業務でしたので、PowerSteelのパッケージをベースとし、パッケージのフィットギャップを踏まえてカスタマイズの打合せをしました。

日… そうなんですか!切断・切削加工部分のカスタマイズですよね。その後、PowerSteel Ver.5に載せ替えるにあたり、より営業事務の方が誰でもすぐに使いこなせ、お客様にスピーディーに値段をお伝え出来るような仕組みを盛り込んだシステムに変更され、その2年後に、シンクスコーポレーション様の目玉システムとも言える、【Web見積もりシステム】の構築に入ったのですが、なぜWebで見積もりを行えるシステムを構築しようと思われたんですが?

シ… 根幹の部分は PowerSteel Ver.5で構築出来た為、今度はお客様へのサービス強化の為、業界に先駆けて24時間応対出来る見積システムを構築しようと思いました。

シンクスコーポレーション
管理部管理課 課長/早川 匠 様

日… 2005年に構築したWeb見積もりシステムは、シンクスコーポレーション様の顔といってもいいシステムになってますね。

シ… その後もお客様への満足度№1を目指し、EDIデータ対応や売上データの配信機能、メール注文の自動取り込み・注文請書の自動送信等、時代のニーズに沿ったシステムに改変してきました。

日… 最後にお聞き致しますが、現在は仮想化の技術でご運用されているシステムですが、今後はどの様にお考えでしょうか。

シ… 色んな他社のパッケージを見ましたが、次期システムもPowerSteelをベースとして構築しようと思ってます。

日… ありがとうございます!今後とも弊社のPowerSteel宜しく御願い致します!

システム構成図

導入後のメリット

システム構築の履歴

1997年4月 PowerSteel ver.2導入、第2工場へ専用線を引き、システムをWAN化
2003年4月 PowerSteel ver.5導入
2005年4月 Web見積りシステム構築、ハンディを使用した出荷管理システム構築
2006年5月 FAX連携システムの構築
2007年4月 注文請書システムの構築、外部データ取り込みシステムの構築、
メール受信データ取り込みシステムの構築
2008年10月 注文確認書メール送信システムの構築
2010年5月 EDIデータ取り込みシステムの構築
2011年8月 システムの仮想化構築
2013年4月 Web受注システムの構築
2016年4月 PowerSteel BS導入
2017年4月 材料のロット番号管理システム構築
2017年8月 Web見積りシステム バージョンアップ
2018年4月 外貨対応システムの構築

Contact

メールフォーム、
またはお電話でお問い合わせください。
メールフォームの場合は、
原則3営業日以内にご返信しております。
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

メールでお問い合わせ